サーバーとは

サーバーとは

サーバーとは

コンピュータにおけるサーバーは、クライアントの要求に対して、サービスを提供するシステムです。

本来サーバーはソフトウェアの名前であり、提供するサービスはサーバーによってこ異なります。

データを提供したり、印刷処理を提供したり、とサーバーの種類は様々になります。
現在の一般的に言われるサーバーは。業務用の大型なコンピューターを指す場合が多いのではないでしょうか。

1960年代までは、メインフレームなどで集中処理が行われており、処理も非常に遅かったらしいです。
また、コンピュータ自体が非常に高価な商品であり、大企業など、ごく一部にしかありませんでした。
1970年代から、1990年にかけて、分散処理というものに、移行し、サーバが手軽にようになりました。
サーバーが手軽になるとほぼ同時に、パソコンなどの高機能なクライアントも身近に現れました。

優秀なクライアントが身近になると、クライアントからの要求に応えるモデルが普及するようになりました。
2000年代には、インターネットが普及したことによって、サーバー、はより身近な存在になりました。
個人、しかも素人でも自宅サーバーやホスティングサーバーを利用するようになりました。
世界単位でみると、800万代以上のサーバーが出荷され、日本にも60万代以上が出荷されました。

世界最大の検索エンジンであるグーグルはサーバーを推定300万代保有していると言われています。